画像なし

地震に強い家の間取りの特徴とは?注意点も合わせて紹介します

 地震国日本に住む私たちいには、常に大きな地震への備えが求められます。
それは、あなたが住む家にも言えることです。
この記事では、地震に強い家の間取りの特徴と注意点について詳しく解説します。
地震時に家の安全性を高めるためにはどのような間取りが有効なのか、どのような設計を避けるべきなのか、この機会に確認してみましょう。

□地震に強い家の間取りの特徴とは?

地震による被害を最小限に抑えるためには、家の間取りを工夫することが重要です。
「地震に強い家」と聞くと、「壁が多い」「柱が多い」といったイメージを持つ方も多いでしょう。
しかし、バランスが取れていなければ、その効果は半減してしまいます。
1階と2階の間取りが近い家や平屋、正方形の家、部屋が多い間取り、そして部屋の広さの差が少ない間取りなどが地震に強いとされています。

例えば、2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がないと、地震の力が梁にかかり家全体が大きく揺れる可能性があります。
これは直下率と呼ばれ、6割以上が理想とされています。
また、部屋が多いと壁も増え、耐震性が高まります。

□地震に強い間取りにするために注意しておくこととは?

地震国日本において、地震に強い家づくりは重要な課題です。
その中心にあるのが間取りの設計です。
しかし、「地震に強い間取り」を実現したとしても、4つの重要な注意点を無視するとその効果は大きく減少します。

まず1つ目は、「2階以上に重いものを配置しない」ことです。
地震の揺れは上階ほど激しく、重心が高いと揺れも大きくなります。
家電やピアノなどの重たい物を上階に置くことは避けましょう。

2つ目は、「家を建てる地盤もチェックしておく」ことです。
地盤の状況によっては地盤改良工事が必要な場合もあるので、注意が必要です。

3つ目は、「窓の割合を増やしすぎない」ことです。
採光や眺望の良さと、耐震性のバランスをとる必要があります。
窓が多いと、壁の面積が少なくなり耐震性の低下につながります。

4つ目は、「平屋でも地震に弱い間取りがある」ことです。
平屋は一見地震に強そうですが、窓の配置や壁の数によっては逆に弱くなってしまうことも。
特に採光の問題で南面に窓が集中しやすい点には注意が必要です。
地震に強い家づくりは、間取りの工夫に加えて、これらの要素も考慮することが必要です。

□まとめ

この記事では安全で地震に強い住まい作りについて紹介していきました。
当社は地域密着型の木造建築会社として、これまで数多くの温かみのある木でできた家づくりを手掛けてきました。
これらの経験と知識を活かし、お客様一人ひとりのライフスタイルに合わせた間取りと、地震に強い家づくりのバランスを実現します。
気になった方はぜひ当社へご相談ください。

CONTACT

お問い合わせ

木村住建にはこちらからお問い合わせください。
お電話・メールフォーム・LINEにてお問い合わせを受け付けております。

電話

お電話でお問い合わせ

0294-39-6050

定休日水曜・日曜(ご予約は対応可)

お問い合わせ

メールでお問い合わせ